隆雄

午後の仕事のパフォーマンスを上げるには!?

NEWS&キャンペーン コンディショニング

札幌へ来て3ヶ月目、ついにみんな大好きトリトンを堪能しました、Takaです!
ある日の勤務後ボスが
「よし、寿司食べに行こうか!」
これを聞いた私、驚き→喜びで感情が大忙し。旬のネタを楽しみ、帆立の味噌汁も楽しみ、ボスと様々なことについて語り、それはもう有意義な時間を過ごすことができました。
個人的なネタ
 1位;にしん 
特別賞;真たち 
いやー、あの真たちのクリーミーな味わいといったら…驚きましたねぇ。

午後の仕事のパフォーマンスを上げるには!?

みなさま、会社で昼休みにランチ、その後の仕事でウトウト…なんて経験はございませんか?たった15分からの休憩で午後のパフォーマンスが劇的に向上する方法を紹介します。
今回紹介するのは”Power nap (パワーナップ)” 実はこれ、「Power up」 と「nap (うたた寝)」を掛け合わせた造語で日本語では「積極的仮眠」と訳されます。
パワーナップとはお昼の時間帯にとる15分〜25分ほどの睡眠です。
コーネル大学の社会心理学者の研究により広まり、現在ではGoogle、Apple、Microsoft、NIKEなどの世界的企業で実践され、オフィスに仮眠スペースを設けたり、睡眠装置を置くなどして積極的に推奨しているようです。
パワーナップで脳と身体の疲れを効率的に除くことにより、以下のようにさまざまな効果を期待できます。

<パワーナップ効果>

・集中力の向上
・ストレス軽減
・記憶力向上
・作業効率アップ
・心臓疾患や認知症の予防
NASA(アメリカ航空宇宙局)では1995年頃から「NASA Naps」という睡眠研究を行っており、
「お昼の26分間の仮眠で、認知能力が34%、注意力は54%も向上する」
という研究結果を出しています。そのため上記の名だたる企業でも実践されているのですね。
#注意力は54%も向上 ってなんて効果的なんだ!
 
ポイントとなるのは時間です!15分〜25分というのが最も効果的な時間です。
睡眠時間が30分を超えると脳がしっかりと眠る状態へと変わるため、最大でも25分以内に抑えることがスッキリ目覚める秘訣なのです。
眠りに落ちる必要はありません、目を瞑ってリラックスする時間を設けましょう!
頭の中がゴチャゴチャしてしまうようなら深呼吸を繰り返すことに集中しましょう。
 
それではパワーナップを実践しましょう!ポイントは3つ
 

1.場所

リラックスできる場所であれば構いません。自分のデスク、車、移動中の電車など

2.姿勢

座った状態でも横になってでも構いません。仕事場での環境、自宅の環境に合わせてリラックスできる体勢を見つけましょう

3.時間

15分〜25分で切り上げるために必ずアラームをセットしましょう。
 
いかがでしたでしょうか?
ランチ後の15分を睡眠に捧げ、有意義な午後を過ごしませんか?
パワーナップをルーティンに取り入れ、これからの人生の午後の仕事、資格勉強、トレーニング、家事などのパフォーマンスを向上させていきましょう!
1枚目の画像はGoogleのオフィスで実際に使われている「Nap pods」と呼ばれる仮眠用の椅子です。特別に作曲された睡眠導入音楽、腰の圧力を分散する構造といった機能だけでなく、Nap podsを使用して20分後にはライトと音楽、そしてバイブレーションによって心地よい目覚めを提供します。
 
ちなみにコンディショニングのプロであるボスはコーヒーを摂取後、ストレッチポールの上で足を広げて仮眠しています笑
みなさんの今日のランチは何ですかー?
午後から張り切っていきましょう!!
Have a great day, everyone. Enjoy your nap!!
 
 
 
 

今月のキャンペーン

春の入会キャンペーン
入会金33,000円が半額に!!
限定5名様!

5MONTHLY CAMPAIGN

入会金 限定10名

33,000
16,500
※1

※表示価格は全て税込価格となります。 ※1:6ヶ月の継続が必要となります。
※既存会員さまのご予約を優先させていただいております。お早めにご予約ください。

TRIAL

¥ 2,980

その場でご入会いただいた方は
体験時の費用を全額キャッシュバック

※キャッシュバックは体験時の費用のみ

体験はこちらから