北海道からバドミントンプロを誕生させるプロジェクト

NEWS&キャンペーン

FORH(フォーエイチ)代表の森田がバドミントンプロ化に向けての活動を昨年から開始しました。

noteより抜粋見出し画像

北海道で初のバドミントンプロ選手を

きっかけは日本国内トップリーグであるS/Jリーグ開幕戦を観戦に行った時に感じたこと。バドミントンは2020年のオリンピックで必ずメダルラッシュになることでしょう。なぜならば、現時点で男女で、世界ランキング1位になっており他の競技でも類をみない素晴らしい成績となっているからです。

桃田選手をはじめとする世界トップクラスの試合が観れるこの開幕戦には北海道のバドミントンファンにとって、興奮する体験をすることができるでしょう。

と思って期待したんですが、この大会規模の運営に違和感しかありませんでした。とっても残念なところがたくさんありました。

バドミントンはアマチュアスポーツですが、これでいいと思って運営しているようでは盛り上がりに欠けてしまいます。せっかくの開幕戦です。演出が必要です。ただ実業団が集まり普通に試合してるだけではダメなんです。学生や子供達に夢を与えられる大会運営の工夫をするべきです。開幕戦なのに、学生や子供達が圧倒的に少ない印象でした。

北海道のバドミントン競技人口は日本で東京に次ぐ2番目。オリンピック後もポテンシャルしかありません。もっと学生やバドミントンをしてる方、興味を持っている方にたくさんきてもらえるように出来ないのだろうか?参加型の大会にする仕掛けはたくさん用意できるはずです。

席もテーブル席やお酒を飲める席、解説付きの席、好きな選手と写真を撮れる席など高単価の席を設けたり、お昼をまたぐので飲食店を出店させたり、ファンと触れ合うための時間やイベントをするなど、他のプロスポーツでやっていることを同じように展開するだけで、もっともっと面白い大会運営ができると思います。

イノベーションを起こす時が来ました。

まず、そのスタートとして、オリンピック前に北海道でプロ選手を誕生させます。

いろんなハードルはありますが、いま頭の中にある新たなバドミントンの価値、面白い事を実現に向けて。
スポーツビジネスで北海道のバドミントン発展のために新しい世界を作ります。

 

盛り上がるバドミントン会場の工夫見出し画像

真っ暗にしてシャトル、コート、選手を光らせて大音量の音楽と一緒にバドミントンをするエキシビジョン。

ナイトバドミントン

と題して応援する方もスマホライトを使ってコンサート風に魅せたい。
規模感や運営費にもよるけど、照明やドローンを使ってみせる映像コンテンツも揃えたい。
会場が明るすぎるから、照度をコントロールしてエンターテイメント化、ショーにすることで話題を生む。そういった前置きを観客に魅せて本戦へ突入する。

他のプロスポーツや海外の事例を踏まえて考えていきたい。

 

新バドミントン目指す大会のカタチ

バドミントンをエンタメにする。見出し画像

ナイトバドミントンを競技者、観客に魅せたいと思っていますが現代に似たようなモデルがないか探していたところ太田会長率いるフェンシング協会で18年12月に全日本選手権の男女決勝で開催しているものを見つけました。
※写真日刊スポーツ紙より

光やテクノロジーを活用し観客に魅せるフェンシングを展開してました。ライトセーバーみたいにきっと光ってるんでしょうね!改革をされている太田会長の取り組みをバドミントンや他のアマチュアスポーツもまず真似てみることから始める必要があります。
競技の特性はあるもののスポーツをエンタメ化していくことは2020オリンピック後にくるスポーツの普及や各競技の発展、地域創生へと繋がっていくはずです。

現在バドミントンにプロチームはないですが、現段階でプロバドミントン選手は女子の奥原希選手のみです。オリンピック後には世界ランキング1位の桃田選手もプロへと転身することでしょう。

ここが重要なポイントで、桃田選手がプロになる前に北海道からプロ選手を誕生させなくてはなりません。2番目では弱いのです。

誰をプロにするか?を急ビッチで進めていきますが初のことなので北海道バドミントン競技者と一緒になってプロ化に向けて創っていきたいと思います。

話を戻しますが、新しい大会のカタチとして

・一般席とは別に有料の様々な特典のついた席を用意する←これはアイデアで高単価席を作れる。チーム内の監督、コーチ、選手の列にそのままチームの一員になれる席(10万)、コートの真後でプレーが観れる席(5万)、ファミリー席、カップル席、ソファ席、テーブル席、始球式的な注目選手と1ラリーができる(1万)などなど
・お酒を飲めるようにする・飲食店を出店する
・MCを入れる
・場内に聞こえるように解説を入れる
・スポンサーの宣伝告知を丁寧に行う
・前後にショー(私が考えるナイトバドミントン)
・チアダンスチームにコート内で踊ってもらう
・室内用ドローンを飛ばす
・選手と触れ合える時間を作るなどなど

バドミントン協会の人にみてもらいたい内容ですが関係者の方からのアドバイスや気づいた点などございましたら気を使わずバシバシ申してくださいませ。
叱咤激励のメッセージいただけると嬉しいですが批判はもっと次の活力になります。見出し画像

北海道初バドミントンプロ化に向けた構想

日本のトップリーグであるS/Jリーグが開幕してトップチーム選手の活躍や代表クラスの選手が海外での大会で活躍していますね。香港オープンではミックスで渡辺/東野選手が見事優勝しましたね。おめでとうございます。

また個人的には国内の2部リーグで北海道コンサドーレのチームが準優勝になりました。優勝しないと1部へ昇格できないので残念でしたがまた来年チャレンジして欲しいですね。

さて、本題に戻します。

北海道初バドミントンプロ化に向けた構想として、実際には北海道からプロ選手を誕生させることは一つの目標であって、学生時代に育てられたバドミントンへの貢献と北海道バドミントン、日本バドミントンの発展が私の目的です。

プロ化構想についてですが、「バトミントンはニッチスポーツである。」と私は思っていますしこれをお読みいただいているあなたもそう感じていると思います。北海道競技者は2万人。他のスポーツもプロ化していないのにそんなの無理じゃね?と思うでしょう。でも、きっと、できるんです。やりたいんです。

まず協会の運営と時代がマッチしていないと思っていて、今まで協会を支えてきた方々は現在50.60オーバーで今のテクノロジーやスポーツビジネスの可能性にピンときていない方が多すぎると思います。新しい風をどんどん入れて嵐を起こさないと私の考えるバドミントンのエンタメ化も難しい。他のスポーツ協会も一緒だと思いますが根が深い。政治力が必要だなと。悪口ではありません笑

なので協会から入っていくには時間がかかるしオリンピック後だと遅い。だったら、一から作っていく。急ピッチで。

ということで、プロ化構想第一弾は

北海道バドミントンプロ化に向けたオーディションを20年春に開催します。

実力と情熱の塊を持った選手を募集します。要項は年内もしくは年明けに配信しますが男女問わず、高校生、大学生、社会人、実業団で技術や実力はもちろのことプロの素質(将来性、影響力や発信力、プレゼン力)など総合力で評価します。プレーだけではなく、プロへの想いも語ってもらい、スポンサーさまと一緒にジャッジしていきます。

サッカー選手や野球選手、オリンピック選手が子供達に夢を与える力ってものすごいパワーがあって原動力になる、大きく変える、人生を変える力がある。バドミントンからも同じように北海道から愛される選手と、3年後にはプロチームを作りバドミントンから1億円プレーヤー誕生させたいな。見出し画像

北海道でバドミントンプロになったら?Vol.1

全日本総合2019バドミントン大会で桃田選手、奥原選手が優勝しましたね。安定の強さをみせてくれました。
また女子ダブルスでは北海道出身の松本.永原ペアが優勝し北海道バドミントン関係者はきっと喜んでることでしょう!世界での益々の活躍を期待しています。

さて、今回はプロ化にあたって、北海道でバドミントンプロになったら?について。

オーディションによって選考することは決定してますが、プロになったらどれだけ強くて技術があってタイトルをとれるかより大事な事があります。それは、

ファンがどれだけいるか?ファンをどれだけ増やせるか?

にかかっています。もし、あなたが選手ならどのような取り組みをしていますか?

画像1

一昔前は強い選手、活躍してる選手がテレビに出る→テレビを観る人がいる→スポンサーになる→テレビを観てる人へランダムで宣伝ができる。でした。

しかし、今の時代は誰でも発信できる時代ですので、例えばあなたに1万人のファンやフォロワーがいるとしたら、スポンサーに提案できる強みがあります。
あなたの1万人のファンやフォロワーに何度もスポンサーの商品やサービスなどを宣伝できる→ファンやフォロワーはあなたを応援したいからスポンサーの商品やサービスを利用する→ファンの中で盛り上がる→スポンサー側はマーケットを作る必要もないし、想いと一緒に届けやすい構造になります。

バドミントンはニッチスポーツである。

だからこそ、ニッチな層に刺さる商品や、サービスがあると思います。大手がやらない、なかなかやらないような専門性の高い商品やサービス、専門店などがマッチするはずです。

なので、プロとして試合で勝ち抜いていくために技術や遠征や合宿も必要ですが、ファンを増やすための活動を地道にしてく必要があります。

北海道でバドミントンをしてる人のところ、各地方へ挨拶周りとして講習会を開き、子供達に夢を与え、グッズ販売もする笑
日々練習してるシーンや、あなたに共感をしてもらえるようなストーリーを伝えるなど、子供達の親がファンになる仕掛けもしなくてはなりません。
そして、スポンサーは会社単位だけではなく、個人からでもスポンサーになれるように設計します。

北海道の競技人口は2万人。
まずこの北海道でバドミントンが大好きな競技者2万人と共に歩み、成長し北海道バドミントンプロを育てるプロジェクトをあなたと一緒にしたいのです。一緒に北海道バドミントンを盛り上げませんか?

見出し画像

北海道バドミントンプロになったら?Vol.2

BWFワールドツアーファイナルズ(中国・広州)が行われ決勝トーナメントで日本勢は

男子シングルスの桃田賢斗が優勝。
男子ダブルスの遠藤大由/渡辺勇大ペア、松本麻佑/永原和可那ペアが準優勝を果たしましたね。
日本勢大活躍!!オリンピックがいよいよ近づいてきましたが、オリンピックにピークを持ってきてコンディショニングしていきたいですね。

さて、北海道バドミントンプロになったら?Vol.2では活動にあたってとスポンサーについて紹介したいと思います。

まずは北海道でのファン拡大(前回の記事)↓

https://note.mu/atsushi_morita/n/n8017daddf4bc

地方活動、国内試合、メインは世界大会へ出場(権利があるレベル)しランキングポイントを稼ぎ世界で活躍していただきます。

世界で活躍してもらうにはスポンサーが必要です。スポンサーの宣伝をファンへ、そして活動範囲をプロ選手が替わりになって届けるのも仕事の一つです。
そこで一つ考えてる分野がテクノロジーでバドミントンにVRを活用しトレーニングの研究開発していきたいと思っています。

VRでノックや、今までにないスピードをコントロールして反応などを全てデータ化し弱い部分の改善、世界クラスいや、それ以上のものを体験できるトレーニングができれば北海道の地でもより強いレベルへと進化できます。これはハードがある限り競技をするプレイヤー全員がその恩恵を受けることができるので、北海道から東京へ流出するのを防ぐことも可能ですし、なんなら北海道に行きたいという環境を整備していきたい。少し時間がかかりますが、将来的にはチームを作るので、その時には日本トップクラスチームにすることが次の目標になるでしょう。

道具のラケットも進化してますが現在の羽の最高速度は現在493kn/hです。初速では球技史上一番速いスポーツになります。ちなみにギネス記録だそうです。

VRでこの速度を体験できればダブルスなどのレシーブ力が一気に向上しそうです。これらのテクノロジーを大学やVR企業と一緒に開発し、バドミントンと相性の良いアジア進出、北海道ブランドの食や商品、観光へと繋ぎ北海道スポンサーメリットを打ち出していきたい。

スポーツとテクノロジーの未来を創る。

派生すればバドミントンだけではなく、北海道の強みであるウィンタースポーツ種目にも活きてくるでしょう。二極化していくと言われている中で海外からくる観光客や富裕層向けのコンテンツ作りも提案していきたいですね。

ファン作りをしながらの活動は大変過酷な道かもしれません。北海道初バドミントンのプロ=ファーストペンギンです。夢を与え、次の世代へと繋がる行動をしていかなくてはなりません。いつしかそれは伝説になると思うんです。

初めてのことは不安や恐怖があります。不安や恐怖がないものは挑戦ではありません。

『覚悟を決めた瞬間は美しい。』

恐怖ととなり合わせの暗闇を突き進み、道を切り拓く。そんな覚悟をもった人をプロ化したい。

見出し画像

バ道ミントン?!協会のトップと話を終えて。

さて、年末に北海道バドミントン協会のトップ、日本バドミントン協会理事と打ち合わせが終わりました。
諸々の経緯や用意してきたスライド20枚くらいに協会のメリットなどしっかりお伝えしてきました。

北海道からプロを誕生させたいのでご協力いただけませんか?といった感じで協会側がどのように感じてらっしゃるのか、伺ったところ、、、。

答えは…

『いいんじゃない?』

二つ返事でかえってきました。
この機会に協会のことも教わり勉強させていただきました。理事長ありがとうございました。

なので、これから活動するにあたり、なんかキーフレーズのような、ビジョンが必要だなと。

そこで、考えました。

【北海道をバドミントン大国へ】

#バ道ミントン #Ba道minton #BaDOminton

どうですかね?
北海道バドミントンの未来は明るいよ。
ノーススタークリエイションの三上さんもいるしね。

次は経産局に行ってきます。

見出し画像

北海道バドミントンプロ化、経産局と打ち合わせを終えて、見えたこと。

先週、経産局に訪問し北海道バドミントンプロ化についてプレゼンをしてきました。
参事官が常にまえのめりでプレゼンをお聞きくださり面白ポイントやフィードバックしてくれて、濃い打ち合わせをすることができました。

結論は、今回の北海道からバドミントンプロを誕生させる件にドライブがかかりそうです。

つまるところ、最後はパートナー企業と仕組み次第だなと改めて感じています。
話題性を出した一発屋ではダメで、長期的、未来的にリターンがこのプロ化において、選手、スポンサーパートナー企業、その夢を一緒にみたい個人パートナー、全員を勝たせる設計をしなくてはならない。

そのためには、ストーリーが必要だ。

どういう想いで、このプロ化に至ったのか。
そしてどのような未来に向かって一緒に歩み、ワクワクやドキドキを感じ、その先の景色を見せることができるのか。

まだ決定してませんが、TV局にお願いして取材してもらおうと企んでます笑

プロ化オーディションをあたためてるところですし、密着までは行かなくても何発か話題性を取り上げてもらえるネタを準備中です。

何かに挑戦しようとしているあなたへ。
これからの時代はいかにあなたのストーリーに共感してもらえるか?がポイントになります。
ファン作りは長期的に。
ファンは過去のあなたを支持する人ではなく、未来のあなたを支持する人が本当のファンです。

一緒に頑張りましょう。

桃田選手の突然の事故、全身打撲に顔の傷、脳震盪まで食らってたら本当に危なかった。桃田選手、コーチも含め早い回復を祈ってますが焦らずに、しっかりケアして復帰戦に挑んでほしいですね。
桃田選手はこれでオリンピック金メダルとって、最高のストーリーが出来上がりますね!

 

 BACK TO LIST 矢印

HLOG ランキング

栄養と食事

HLOG
VIEW MORE

NEWS&キャンペーン

HLOG
VIEW MORE

NEWS&キャンペーン

HLOG
VIEW MORE

コンディショニング

HLOG
VIEW MORE

コンディショニング

HLOG
VIEW MORE
今月のキャンペーン

今月のキャンペーンは入会金30,000円が20,000円に!!限定3名様!

11月のキャンペーン

※表示価格は税別です。 ※1:6ヶ月の継続が必要となります。

TRIAL

まずは体験。

8,000円→2,980

体験はこちらから

その場でご入会いただいた方は
全額キャッシュバック

※ キャッシュバックは体験時の費用のみとなります。

HLOG
  • 栄養と食事
  • ニュース&キャンペーン
  • コンディショニング
  • トレーニング
  • 活動報告